欧州の温泉について

ヨーロッパの温泉文化には、「温泉を飲む」、つまり飲泉として主に利用されている。15世紀までは、入浴が主として使われていたのだが、火山帯が少なく、湯の量が少なく、湯の温度が低かったため、入浴目的としてはあまり発展しなかった。

温泉は、医療目的で使われていたが、ヨーロッパでは飲用水の質が悪かったため、入浴客が温泉の湯を飲み始めたことから、飲泉が始まった。これに目を付けた温泉地の人が、湯を瓶詰し、売り始めたことから始まった。

しかし、今でも日本同様に、温泉病院や老後施設などの完備もしっかりしている。それでも、ホテルやレストランに入浴施設がなかったりするところもあるが、代わりに飲泉場や飲泉バーがあったりするところもある。

また、バーデンバーデンやスパなどのように入浴用としての温泉地も存在する。しかし、日本のように浸かるではなく、プール感覚で泳いだりと、水着を着用して男女隔てることなく、温泉プールのような感覚で楽しむ場合が多い。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

コメントを残す

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Subscribe: Entries | Comments

Copyright © 温泉の効果 2015 | 温泉の効果 is proudly powered by WordPress and Ani World.