日本の温泉について

明治時代から、日本の温泉の科学的研究も次第に盛んになり、昭和以降には、温泉医学や化学分析の進歩によって、温泉のもつ医療効果が実証された。戦後以降にも、温泉治療の研究に取り組まれてきた。 現在では、予防医学の観点からも温泉を利用している。具体的には、人間ドッグつき宿泊プランや、温泉指南役という制度による正しい入浴の仕方を啓蒙している。前者では、温泉と健康増進や療養に積極的に利用している。後者では、温泉の泉質により異なる入浴方法を、入浴者にわかりやすく指南できる。 日本の温泉は欧州と違い、入浴本位で発展している。提供形態としては、一旦浴槽に注いだ湯を再注入するか否かで分類される。一度利用した湯を濾過、加熱処理した湯を再注入する方法を循環式という。また、近年掛け流しを好む利用者の嗜好から、源泉100%を掛け流しする掛け流しという方法がある。